NEWS

『HOCOH(ホコウ)』が「グッドデザイン・ベスト100」を受賞

ジャパンヘルスケアが提供するスマホの写真だけでつくる3Dプリント製オーダーメイドインソール「HOCOH(ホコウ)」が、2020年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞し、 さらにグッドデザイン・ベスト 100 に選出されました。

 

HOCOH(ホコウ)は、足の写真を送るだけで自宅に届く、3Dプリンタ製オーダーメイドインソールです。足腰の痛みや疲れの原因となる足のゆがみを矯正します。ユーザーが送った足の写真を医療者が解析し、3Dプリンタで作ったインソールが自宅に届きます。人生100年を自分の足で歩き続けるために、履くだけで自然と身体を整えられます。

この度、グッドデザイン賞を受賞した理由として、日本のものづくりの技術とデジタルサービスの融合している点や、環境にも配慮された全方位的に高いユーザー体験がデザインしている点、何よりも「矯正」なのに心地よく、履くだけで自然と体を整えることができるという機能美を特に評価いただきました。

■審査員コメント
最も日常的で軽視されがちな歩行という行為に着目し、歯の噛み合わせのようにきちんと骨格から合わせることで、日々の体調やその後の健康促進につなげるというサービス。日本のものづくりの技術とデジタルサービスの融合も素晴らしいが、何よりも「矯正」なのに心地よく、履くだけで自然と体を整えることができるという機能美を高く評価する。優しい素材を使うなど環境にも配慮があり、全方位的に高いユーザー体験がデザインされている。

「100歳まで歩ける社会」を目指し、HOCOHインソールを多くの人に利用してもらえるようにしてまいります。

お問い合わせは以下より承ります。