ABOUT

ジャパンヘルスケアは、環境改善型予防医学で、
筋骨格系疾患の予防に取り組むヘルスケア・スタートアップです。

VISION

予防医療で痛みのない社会をつくる

MISSION

環境改善型予防医学で、筋骨格系疾患の予防システムを構築する。
暮らしを妨げる筋骨格系疾患
ひざや腰の痛み、肩こりなど、筋肉や骨に関する筋骨格系疾患は、世界中で大きな課題となっています。世界全体では17億7800万人が筋骨格系疾患を抱えており、すべての疾患群の中で二番目に長く生活に支障をきたします[1]。つまり多くの人が痛みを抱え、痛みはじめると長期間痛んでしまいます。また運動や趣味活動が制限されるだけでなく、高齢者の要介護の主な原因であり、日本においては関節疾患と骨折・転倒を合わせると25.4%になります[2]。経済的損失も多く、医療費は循環器疾患、がんの次に高く、2兆円を上回ります[3]
100年身体を使うために
人生100年時代の現代において、50代、60代で痛みはじめてしまうと、残り40-50年間も痛み続けることになってしまいます。悪い姿勢や歩き方を放置しておくと徐々に骨の変形が進むため、痛みが出た時にはすでに遅いことが多々あります。そのため痛む前に「予防」しなければなりません。筋骨格系疾患の予防には、「適度に運動を行うこと(Quantity)」と「正しく身体を使うこと(Quality)」が重要です。
自然と健康になる環境改善型予防医学
国際的な大規模研究で示されているように、健康診断とその後の保険指導は壮大な医療費の無駄であることがわかってきています[4]。そこで私達は個人へのアプローチを中心にするのではなく、環境改善型予防医学[5]を採用します。環境改善型予防医学では、コミュニティや社会全体の環境を改善することで、そこで過ごす人々の健康に良い影響を与えることができます。すでに介護予防においてその効果が示され始めています[6]。私達は正しく身体を使い、適度に運動したくなる環境を職場や街などに整えることで筋骨格系疾患の予防システムを構築していきます。
[1]Vos T et al. Years lived with disability (YLDs) for 1160 sequelae of 289 diseases and injuries 1990-2010: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2010. Lancet 2012;380:2163- 96.
[2]厚生労働省: 国民生活基礎調査(平成28年)
[3]厚生労働省: 国民医療費の概況(平成28年)
[4]Braillon A et al: NHS health checks are a waste of resources.BMJ 2015;350:h1006.
[5]森千里,斎藤康: 予防医学が目指すもの. Animus 87:3-8, 2016
[6]Hikichi H et al:Effect of a community intervention programme promoting social interactions on functional disability prevention for older adults: propensity score matching and instrumental variable analyses, JAGES Taketoyo study. Journal of Epidemiology and Community Health(2015)

COMPANY

法人名
株式会社 ジャパンヘルスケア
所在地
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目53-67 コスモス青山SOUTH棟5F501号室
設立
2017年6月2日
代表取締役社長
岡部大地(医師)
事業内容
ヘルスケア関連アプリ開発
スマートヒール開発
健康管理コンサルティング
パーソナルトレーニング
ウォーキングレッスンなど

代表挨拶

私は医師として病院で働く中で、いつもわだかまりを抱えながら診療していました。悪い生活習慣を続けて具合が悪くなり、苦しくなって病院を受診する人たち。病院に来た時には、病気が進み、根本的に解決できないことばかりでした。

最もやるべきことは病院の中ではなく、暮らしの中にあります。暮らしの中で心と身体を健やかに保てば、病気は格段に起こりにくく、進行を止めることができます。そこで私は病院を飛び出し、予防医療に関する様々な活動を行うことにしました。その中で自分自身がO脚、扁平足で歩き方が汚く、筋骨格系疾患のリスクが高いことに気づきました。そのことに気づいてからは、街で歩く沢山の人たちも自分と同じ状態であることが見えてきました。

予防医療の中でも筋骨格系疾患の予防に取り組んでいる人は多くいません。原体験のある私が医師として率先してこの問題に取り組まなければならないと強く自覚しました。その想いに共感してくれた仲間と共に私たちは筋骨格系疾患の予防システムを構築していきます。

働けば正しく綺麗に身体を使えるようになる職場や、歩きたくなる街など、「自然と健康になる社会」を創ります。未来は、もっと健康になります。私たちは、痛みのない社会を、そして今もこれからも豊かに暮らせる社会を実現します。

代表取締役医師/足の総合診療医 岡部大地

お問い合わせは以下より承ります。