NEWS

正しく身体を使う上で参考になる廃用・過用・誤用症候群とは?

ジャパンヘルスケア代表医師の岡部です。

身体の正しい使い方はすっきり3つにまとめることができます。

日々の自分の身体を見直す時に、この3点で問題がないか確認するとよいと思います。

 

使わなさすぎる廃用症候群


身体は使わないとダメになります。

宇宙飛行士が宇宙空間で過ごしたあとに地上に落ち立つと、立って歩くことができなくなりますよね?

また骨折したことがある人なら分かると思いますが、

動かさないでいると若い人でもすぐに筋肉がやせ細ります。

こういった動かさないで衰えることを「廃用症候群」といい、医療者には馴染み深い言葉だと思います。

 

使いすぎる過用症候群


また使わなさ過ぎるのもダメですが、使いすぎるのもダメです。

医学用語として正確か分かりませんが、「過用症候群」でしょうか。

長距離ランニングで膝を痛めたりするのはこれになります。

 

誤った使い方の誤用症候群


最後に間違った使い方をしてもよくありません。

悪いフォームでテニスを行い続けると肘を痛めたりします。野球でもありますよね。

これは誤用症候群と言えるでしょう。

・廃用症候群 使わなさすぎ
・過用症候群 使いすぎ
・誤用症候群 使い方が悪い

身体の正しい使い方は、この3つに分けて考えるとよいと思います。

正しく、適度に使うことを心がけてみて下さい。

 

JAPAN HEALTHCARE代表/総合診療医 岡部大地

お問い合わせは以下より承ります。