企業様とのコラボレーション|製品開発

ジャパンヘルスケアの製品開発 | Product

現在、人々の生活はインターネットやパソコンを始めとする様々な機械と
密接な関わりを持つようになりました。
しかし、それら豊かになるための科学が、健康という面で人々に悪影響を
与えてしまう。そんな現実があります。
我々ジャパンヘルスケアはそういった科学社会のデメリットを指摘し、
改善していきます。
モノとインターネットの融合という意味のIoT(Internet of Things)。
このIoTをヘルスケアに活かしていくことを目的に、同じ志を持つ企業様と
連携し、世の中に革命を起こすような機器を開発していきます。

我々が開発したいと思っているのは、ヘルスケアであるけれども
ヘルスケアではないもの。普段から使っているようなモノ。
靴。服。鞄。携帯電話。眼鏡。寝具。クッション。自転車。車。
そんな普通のモノとヘルスケアをツナゲル。
大事にしたいコンセプトは、かっこよくなること。
    カッコイイ自分を手に入れて、
    元気な自分で日々を過ごし、
    周りにも元気を与えられるように...
そんな素敵な循環が巡る世界を作りたいと思っています。

モノと医学をかけ合わせることで、世界に革命を起こす

ープロジェクト例ー
no new folk studio(http://no-new-folk.com)様との連携による
スマートフットウェアの開発。
「日常を表現にする」というコンセプトから生まれたOrpheという靴は、
加速度センサーやジャイロセンサーを組み込み、動きに合わせて音と光で
アーティステックな足元を演出します。
ジャパンヘルスケアとのコラボレーションでは、こういったセンサーを
活用し、「歩く」を美しくするハイヒールの開発を行なっています。
このハイヒールを使い「綺麗に美しく歩く」ことで、自然に無理なく
健康的な身体の獲得を図っていきます。(2017年下旬発売予定)

PAGE TOP