医療と健康のBLOG | ジャパンヘルスケア

ヒールの選び方〜足の形のタイプとヒールのデザインについて考えてみよう〜

ハイヒール
中田先生のブログにも書いてありますが歩行解析どんどん楽しくなってきております!
ジャパンヘルスケアの宇佐美です。

先日、開発中の歩き方を綺麗にするハイヒールを金ヶ江 悦子さん(https://www.etsukokanagae.com/)に履いていただきました。仕事用のハイヒールを見せて頂きましたがとても綺麗に靴を保存されていました。靴のメンテナンスも大事ですよね♫
その様な所からも心の美しさが垣間見え感動いたしました。

今回もハイヒールの選び方シリーズです。
前回はこちら
ヒールの選び方〜踵のサイズはよく見てる?〜
ヒールの選び方〜靴選びの時間は朝?夕方?〜

 

まずはじめに足には、人によってタイプが異なることをご存知でしょうか?
人間の足を、足先の形で分類すると、
・エジプト型、
・ギリシャ型、
・スクエア型
の3つに分類されます。
ハイヒールータイプ

足の形のタイプ別によって靴のつま先の形を選択した方が痛みやトラブルを軽減できます。

【足の形のタイプ】


エジプト型:

親指(拇指)が一番長いタイプ。日本人の8割程度を占めます
ポインテッドトゥ(先がとがった靴)を選ぶと外反母趾や、小指側が内側に入る(内反小趾)になりやすいので、「オブリーク型」のつま先タイプ方がお勧めです。
ハイヒールではオブリーク型はあまりないので、この場合は「ラウンド型」を選びましょう。

ギリシャ型:

人差し指(第2趾)が一番長いタイプ。ヨーロッパタイプともいいます。日本人の2割程度。ポインテッドトゥもトラブルなく履ける嬉しい足型です。

スクエア型:

親指(拇指)と人差し指(第2趾)が同じくらいの長さのタイプで、最も数が少なく、「ゲタ足タイプ」ともいいます。
このタイプの足は靴擦れが起きやすく、先のとがった靴は不向きです。スクエアトゥやラウンドトゥをお選びください。

 

【靴のつま先のデザイン】


オブリークトゥ(先が親指から小指にかけて斜めにカットされた靴):

「オブリーク」は「斜め」という意味です。斜めにカットされたデザインのつま先を指します。
日本人に多いエジプト型に対応するためカジュアルシューズに多いデザインです。

ラウンドトゥ(先が丸い靴):

日本人に最も多い「エジプト型(親指が一番長い)」の場合、ポインテッドトゥはつま先に負担がかかりやすいのでラウンドトゥを選ぶとトラブルが少なくなります。

スクエアトゥ(先が角ばった靴):

スクエア型のタイプの方に最も向いています。
ハイヒールー形

 

ポインテッドトゥ(先がとがった靴):

人差し指が一番長いギリシャ型の人の方に向いています。
ハイヒールー形

シャープなデザインなので人気がありますがエジプト型やスクエア型の足の人は、外歩き用には不向きでしょう。どうしても履きたい場合は、車で移動してほとんど歩かないシーンなどに限定しましょう。
また、ポインテッドは指先部分に余りが出やすいため、地面からの距離を体感しにくく、後ろ足を引き寄せるときに計算外につま先がひっかかり、靴の先端が擦れることがありますので靴を傷めないためにも歩き方に注意が必要です。
これらに加え、単に幅広ではなく、つま先に適度にゆとりがあるか、かかと部分や、足の付け根と靴の曲がる部分が合っているか等をチェックする事が大事になります。

 

 


今日のポイント
・自分の足の形にあった靴のデザインを知り、購入する!

 

作業療法士/パーソナルトレーナー  宇佐美希未佳

The following two tabs change content below.
宇佐美 希未佳

宇佐美 希未佳

作業療法士。アメリカの国際医療特許資格を日本の作業療法士で唯一持つ。病気がない生活を皆様に過ごして欲しいと、公演会やセミナー等の活動を行っている。保有資格:grastonベーシック , POLESTAR PILATES REHABILITATIONコース1-6 , タイ政府公認footmassage , rusie dutton&meditation , ARTプロバイダー , フランクリンメゾットエジュケーター 他合計12種
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

パーソナルトレーニング

出張パーソナルトレーニング|東京

カレンダー|JapanHealthCare

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP