医療と健康のBLOG | ジャパンヘルスケア

寿命が変わる!運動は誰かと一緒にした方が健康にいいのか?

ジャパンヘルスケア代表の岡部です。

あなたは黙々と運動するタイプですか?
それとも誰かと一緒に運動するタイプですか?

実は最近の研究で同じように運動をしていても、1人でするか誰かと一緒にするかで効果が変わることが言われています。
それも単なる運動能力が変わるという効果ではありません。

「寿命が伸びる」という可能性が見えてきています。

正確には寿命との関連が証明されている主観的健康感が、運動のしかたによって違うという研究結果が出ています。

私自身も研究に使わせていただいているJAGES(高齢者を対象とした大規模研究)のデータをもとに、東京医科大学の先生が発表したものです。高齢者2万人のアンケートを解析されました[1]。詳細な話は参考文献をご参照下さい。

みなさんは1人で運動するのがよいか、誰かと一緒に運動するのがよいか、どちらの方が寿命が長くなりそうだとと思いますか?

 

 

答えは、「誰かと一緒にやる」方です。

いつも1人で運動している人より、誰かと一緒に運動することが多い人は、健康でないと感じている人が半分程度に少なかったのです(オッズ比 0.57)。

誰かと一緒に運動する人の方が自分で感じる健康度が高く、長生きできる可能性があるということです。
理由としては単に運動するだけでなく、「運動を通じた人とのつながり」が影響しているのではと言われています。

考えてみれば、1人で運動するより誰かとスポーツをする方が、一緒に盛り上がったりしますし、続きやすいですし、支え合いもあったりしますし、健康への効果がありそうですよね。

ですので、運動される方はぜひ家族や友人と一緒にすることをおすすめします。

 

JAPAN HEALTHCARE代表理事/総合診療医 岡部大地

[1]Kanamori, S., Takamiya, T., Inoue, S., Kai, Y., Kawachi, I., and Kondo, K. Exercising alone versus with others and associations with subjective health status in older Japanese: The JAGES Cohort Study. Scientific Reports. 6, 39151; doi: 10.1038/srep39151 (2016).プレスリリース

The following two tabs change content below.
岡部大地

岡部大地

代表理事Japan Healthcare
2012年三重大学医学部卒業後、2015年内科認定医を取得し、総合診療医として診療する。2016年から千葉大学大学院で先進予防医学の研究も行う。2016年9月に一般社団法人ジャパンヘルスケアを設立し、代表理事を務める。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

パーソナルトレーニング

出張パーソナルトレーニング|東京

カレンダー|JapanHealthCare

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP