医療と健康のBLOG | ジャパンヘルスケア

ヒールで歩くときに膝が曲がってしまうあなたに!!ー膝曲がり改善法ー

ハイヒールー歩行
最近ハイヒールを良く履く男の子、ジャパンヘルスケアの中田です。

…もちろん仕事です。ハイヒール開発の絡みですよ!?
プライベートでは履きません。

さて、今回はハイヒールを履いている方でお悩みのポイント「膝曲がり」についてです。
多いんですよね、膝が曲がったまま歩いている人。

これは実は物理学とかバイオメカニクスを考えると仕方のないことなんです。
踵の高い靴を履くと、人の足は曲がりやすく出来ているのです。

でも、いますよね!?
ハイヒールを履いているにも関わらず綺麗に膝が伸びている人。
この膝が伸びている人と膝曲がりの人の違いって何なんでしょうか!?

 

シンプルにいきます。

膝が曲がってしまう人の改善方法は、筋力をつける!!!!です。
ホントシンプルです。

ここでよく女性の方は言います…
「筋肉のついた足にはなりたくない」
そうですね、ムキムキにはなりたくないって気持ち、良くわかります。

でも、ここで頭の中を変えてください。
男性でガンガントレーニングをしてもなかなか筋肉がつかないって人、意外と多いんですよ。
しっかり栄養を摂り、プロテインを飲んで、トレーニングして、頑張って、頑張ってようやく筋肉がついてきます。

だから、心配した女性の皆さん大丈夫です。
そうそう簡単に筋肉はついてくれません。足が太くなってしまうならば脂肪とむくみが中心。別の原因です。
安心して鍛えましょう!!!

 

膝曲がり改善トレーニング:階段を登る


これまたシンプルです。もちろん他にも色々あるのですが、日常生活に取り入れやすくて効果が出るのがこれです!
ここで意識して欲しいポイントが一つ

一段一段を意識してしっかり足を伸ばして登る

です。
筋肉には角度特性というものがあって、ハイヒールで膝を伸ばして歩くためには、しっかり膝を伸ばした状態で筋肉を使えないとダメなんです。
ジムに行って鍛えている女性もいると思いますが、レッグエクステンションやレッグプレスといった太腿のトレーニングでも膝を伸ばしきらずに行っている人を良く見ます。(完全に伸ばしきると膝を痛めることがあります。その直前まで伸ばすことが大事)
せっかくなら効率良くしたいですよね。

もう一度言います。
階段を登る時に足をしっかり伸ばして登っていく。
これが大事です。

ぜひ皆さん実践してみてください。

 

ジャパンヘルスケア
理学療法士/パーソナルトレーナー 中田宏樹

The following two tabs change content below.
中田宏樹

中田宏樹

事業部長Japan Healthcare
理学療法士の資格を持ち、総合病院にて臨床経験を積む。その後大阪にてパーソナルトレーナーや出張整体、ストレッチ教室などを行う事業を設立。 現在は東京に活動拠点を移し、ジャパンヘルスケアの一員となる。 その他甲子園などでのメディカルトレーニング、教育機関などで姿勢に関する講演を行うなど、多岐に渡る活動を行ってきた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

パーソナルトレーニング

出張パーソナルトレーニング|東京

カレンダー|JapanHealthCare

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP