医療と健康のBLOG | ジャパンヘルスケア

リュックの持ち方は大丈夫?リュックにも悪い持ち方があった!

ジャパンヘルスケアの岡部です。
みなさんカバンはどんなタイプを使っていますか?

手持ちバック、肩がけ、リュックなどがあると思います。みなさんは何派ですか?

私はリュック派です。リュックは左右のバランスがよくて、片側に負担をかけにくいですね。
最近はパソコンを持ち歩く人も多いと思いますが、「左肩で持ち続けると肩関節が痛くなった」なんて人はよくいます。軽い荷物なら手持ちでもよいですが、重たい人はリュックがオススメです♪

そういえば、高校の部活動で昔はみんなエナメルバッグを使っていました。
肩から斜めにかけるこれですね。

でも近頃は全く見なくなりました。
高校野球を見ていても、使っているのはみんなリュックです。スポーツ選手は身体に敏感。
カバンの中は道具が入っていて、とても重たい。それを片方の肩で背負うのはどう考えてもダメですよね。
身体に良いのは、斜めがけカバンよりリュックなんです。

そんなわけで私はリュック歴10年以上ですが、実はリュックにもよい持ち方と悪い持ち方があるんです。

何が悪いか分かりますか?
答えは肩掛けのひもが長いとよくないのです。リュックが骨盤にあたって前に押し出されてしまうんですね。
ぽっこりお腹が前に出てしまう悪い姿勢につながってしまいます。

ですので、リュックの当たる部分が腰の弯曲に合うところにくるのが正しい背負い方です。

 

少し写真を見比べて見ましょう。

まずは良い背負い方をしている方々。

アウトドアのリュックは基本的に、普通に背負えば良い位置に来るようになっています。
身体に負担をかけないことが基本ですからね。
そして子供用のものもやっぱりその辺りは気を使っています。

 

続いてあまりよくない背負い方をしている方々

これを見てわかるようにファッション性の高いものは、デザイン的に肩紐が長めなんです。

これってすごく難しいところ。
男性のリュックはタイトでカッコいいものが多いんですが、女性のリュックはこういったゆるい雰囲気のものが好まれたりしています。
オシャレと健康のバランスをとっていきたいですね。

腰痛などがある人は、意識的に肩紐を調整してみてください。
オシャレ最重視、お気に入りのリュックが「ゆるいタイプ」の人は、少し我慢してそれを毎日使うのを避けましょう。
日々の積み重ねがストレスになってしまうので、背負いやすいリュックとの併用がおすすめです。
でも最近はヘルスケアブーム。機能美が重視されてくれば、オシャレに加えて背負いやすいリュックが流行になるかもしれないですね。

また、リュックの肩紐の長さが左右で違う場合も注意が必要です。長さが違うことで、身体がそれに対応しようとしてバランスが崩れてしまいます。

ちなみに腰にもひもを巻けるタイプのものは、それを利用すると重さを腰に分散できてなおよいです。

 

 

以上、カバンはリュックがオススメ。リュックも少し高めで腰の弯曲に沿うように背負うのがよい持ち方です!

ぜひカバンをリュックに変えたり、リュックの持ち方を見直してみてくださいね。

 

JAPAN HEALTHCARE代表/総合診療医 岡部大地

The following two tabs change content below.
岡部大地

岡部大地

代表理事Japan Healthcare
2012年三重大学医学部卒業後、2015年内科認定医を取得し、総合診療医として診療する。2016年から千葉大学大学院で先進予防医学の研究も行う。2016年9月に一般社団法人ジャパンヘルスケアを設立し、代表理事を務める。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

パーソナルトレーニング

出張パーソナルトレーニング|東京

カレンダー|JapanHealthCare

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP