医療と健康のBLOG | ジャパンヘルスケア

VRがここまで来た!温度や感覚までを再現する「AxonSuit」

今日はジャパンヘルスケアのスマート療法士こと宇佐美が感動したスマート商品、Iot×ヘルスケアシリーズ。温度や感覚までを再現してくれる「AxonSuit」のご紹介です。

まずはこの写真。

初めて見た時、近未来すぎてびっくりしました。ここまで来ましたねVR。
夢のような『想像した世界の中を歩く、触れる』といった動作が可能になる奇跡のスーツです。
もう凄すぎます。
これがあれば休日、家の中でずっと過ごしてしまいそうです。
早速紹介に行きますね!

Axon Suit(アクソンスーツ)


Axonスーツはジャケット、ズボン、グローブにブーツの4つのパーツにわかれていて、AxonSuitの内側には、触覚的および熱的フィードバックを可能にする薄くて柔軟な素材のAxonSkinが内張りされています。
スーツに内蔵された全部で数千個以上のセンサーで各部分にかける圧力などを計算、調節します。その結果VR内での物体の質感を実際に感じる事も可能で、『重いものを持ち上げた時にかかる圧力』まで計算して再現する事ができるようです。なんと、パンチの衝撃やコーヒーのぬくもりから雪玉の寒さまでまでの感覚の再現が可能だそうです。

 

プラスでAxon Station(アクソンステーション)をつけると


プレイヤーを固定する為の器具Axonステーションをつけると、身体は完全に宙に浮いた状態になるわけですが、Axonスーツによる圧力の調節で地面を歩いている感覚を再現出来るそうです。
個人消費者向けに発売される予定は今のところないそうですが、その代わり、エンターテイメント、職業訓練や医療、スポーツの分野での利用を目指しているようです。

 

応用分野の広いActiveProtective


どちらも一般に販売されるにはまだまだ時間はかかりそうですが(温度を調節可能ということは火傷したり、凍傷したりも可能ですからね)VR技術が急速に進化しており、もう夢では終わらない時代が来ていることにびっくりしました。
きっとこれから、さらに高機能のスーツが登場して、スーツを着たら職場にいて、仮想現実でコミュニケーションや会議をしたり、仮想のジムに行ってトレーニングしたり、名外科医による遠隔手術といった様々な分野が進化する世界になるのかもしれません。
東京にいながら世界遺産を見に行ったりとかも出来ますね。
もうあと五感は嗅覚くらいです。
バーチャル空間での体験をよりリアルに伝えられるVRスーツ今後も進化に期待です!!

 

 


今日のポイント
・今後もVRは様々な分野・ビジネスへの応用が広がる分野

 

ジャパンヘルスケア
作業療法士/トレーナー・スマート療法士  宇佐美希未佳

The following two tabs change content below.
宇佐美 希未佳

宇佐美 希未佳

作業療法士。アメリカの国際医療特許資格を日本の作業療法士で唯一持つ。病気がない生活を皆様に過ごして欲しいと、公演会やセミナー等の活動を行っている。保有資格:grastonベーシック , POLESTAR PILATES REHABILITATIONコース1-6 , タイ政府公認footmassage , rusie dutton&meditation , ARTプロバイダー , フランクリンメゾットエジュケーター 他合計12種
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

パーソナルトレーニング

出張パーソナルトレーニング|東京

カレンダー|JapanHealthCare

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP