医療と健康のBLOG | ジャパンヘルスケア

ぽっこりお腹改善のストレッチとトレーニングー意外と大事な腸腰筋に注目してー

下腹ーダイエット

ジャパンヘルスケアの中田です。

前回の記事(-ぽっこりお腹を改善する腸腰筋エクササイズ-)
にて意外と見落としがちな下腹改善ダイエットのポイントに、腸腰筋のストレッチとトレーニングがあることをお伝えしました。
そこで今回は引き続き、具体的なストレッチとトレーニング方法について書いていきますね。

腸腰筋トレーニング


まずはこれ。この腸腰筋が弱ると、骨盤が後傾して下腹が出てしまうので…
そこでもも上げでトレーニングです。
理学療法士ー中田宏樹ーパーソナルトレーナー

写真は若かかりし頃の中田。か…髪の毛があります。笑
後ろに猫ちゃんのウォールシールがあったのは大阪のお家。懐かしい。
・・・関係ないですよね。失礼しました。

え〜、ポイントは大きく上げること、上げれば上げるほど腸腰筋の働きが強くなっていきます
少し上げただけでは、腸腰筋以外の筋肉もたくさん使ってしまうため非効率的。
上げ切った最上点のところで抵抗をかけてあげると尚良しですね。
10回×3セット、しっかり抵抗をかけてやることで、いい感じに鍛えられます。
地味だけど、とても有効ですよ。

腸腰筋ストレッチ


理学療法士ー中田宏樹ーパーソナルトレーナー

脚の付け根もしくはお腹の下の方がしっかり伸びることを意識して、ストレッチしていきます。
これで骨盤が前に出てくるのを防ぎ、下腹がずでーんと出るのを防ぐことが出来ます。
時間は30秒×3セット、硬い人は1分×3セットぐらいを目安に!

ちなみに床に座る生活が長かった日本人はもともと骨盤が後傾気味なので、姿勢も悪くなりがち。
しっかり治していきたいですね。

この腸腰筋の活動、ぽっこりお腹以外にもとっても大事です。
骨盤の安定感に繋がりますし、脚全体の効率的な動きに繋がります。

なので、脚が筋肉で太くなってしまう女性は、この筋肉を鍛えていくのがおすすめ
筋肉の働く効率がすごく悪くなってしまっているので、無駄に力が入って太くなってしまうんです。

ぽっこりお腹改善だけでなく、全体的に美しさに繋がる腸腰筋。
ダイエットメニューに加えてください!おすすめです!!

 

ジャパンヘルスケア
理学療法士/パーソナルトレーナー 中田宏樹

The following two tabs change content below.
中田宏樹

中田宏樹

事業部長Japan Healthcare
理学療法士の資格を持ち、総合病院にて臨床経験を積む。その後大阪にてパーソナルトレーナーや出張整体、ストレッチ教室などを行う事業を設立。 現在は東京に活動拠点を移し、ジャパンヘルスケアの一員となる。 その他甲子園などでのメディカルトレーニング、教育機関などで姿勢に関する講演を行うなど、多岐に渡る活動を行ってきた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

パーソナルトレーニング

出張パーソナルトレーニング|東京

カレンダー|JapanHealthCare

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP